伝統から未来へ繋ぐコンサート

2017年3月4日 高松市美術館 エントランスホール

北原千鹿展のイベントとして開かれた、琴や尺八など四人の演奏者によるコンサート。40分ほどのミニコンサートでしたが、和楽器のイメージを新たにする新鮮な楽曲に引き込まれました。4人の奏者の方々が、いずれも卓越した腕前の一流の演奏家であるためか、非常にむずかしいと思われる演目を、自然に楽しく演奏されていました。

三絃と琴を演奏された木村園代さんにお声をかけていただいて、参加しましたが、本当に素晴らしいひと時でした。また、このような演奏会があったら、ぜひうかがおうと思っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。