漆のバッグ

イタリアのバッグメーカーLODOと香川漆芸のコラボレーションによるバッグが東京銀座和光で展示されます。 

マキ仕覆教室展示会

私も参加している仕覆教室の展示会のご案内です

2018年3月27日(火)〜4月1日(日) 午前11時〜午後6時

会場:長谷川画廊 東京都中央区銀座7-11-11長谷川ビル1F

img_4747-e381aee382b3e38392e3829ae383bc-e1520509216797.jpg

IMG_4746 のコピー

 

守の小箱 mori no kobako

大切な人の思い出の品を守る漆の小箱、守の小箱。

石原工房では、守の小箱を注文製作いたします。

石原雅員ホームページよりお問い合わせください。

cropped-morinokobako2.jpg

守の小箱 一例

彫漆技法で夕菅を掘り出した小箱に、思い出のネクタイで仕立てた仕覆を添えています

讃岐かがり手まり体験教室

讃岐かがり手まりの体験教室に行ってきました。

とても明るくて楽しい雰囲気の中、親切に教えていただいて、菊模様の手まりをの片面を作りました。後は宿題です。籾殻を包んだ芯に、草木染めの木綿糸をかがってゆくことで、さまざまな模様を鞠の表面に作り出すことができます。

日本伝統漆芸展 高松市美術館

2017.3.15~26 日本伝統漆芸展 高松市美術館

1000人余りの多数の方々にご来場いただき、誠にありがとうございました。

これまで瓦町の百貨店で毎年行われてきた展覧会ですが、昨年は高松での開催が見送られ、今年が、高松市美術館に場所を改めて初めての開催でした。高松市美術館には、玉楮象谷、音丸耕堂はじめ、香川の漆芸人間国宝の作品が多数収蔵されています。会場の隣の常設展で見ることができたそれらの作品は、現代の作家達を見守ってくれているようでした。

26日夕に作品達は箱詰めされ、次の巡回地九州に向かっています。

scannable-%e3%81%ae%e6%96%87%e6%9b%b8-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

堆漆香合 夕菅 仕覆完成しました

堆漆香合 夕菅に唐木綿で仕覆を作ってもらいました。

組紐を並べたような布でかなり厚みもあり、縫うのは難しいと思われますが、つがりも綺麗にできて、大満足です。

香合は石原雅員の平成10年頃のもので、40回塗り重ねた漆の層を彫った、彫漆作品です。

伝統から未来へ繋ぐコンサート

2017年3月4日 高松市美術館 エントランスホール

北原千鹿展のイベントとして開かれた、琴や尺八など四人の演奏者によるコンサート。40分ほどのミニコンサートでしたが、和楽器のイメージを新たにする新鮮な楽曲に引き込まれました。4人の奏者の方々が、いずれも卓越した腕前の一流の演奏家であるためか、非常にむずかしいと思われる演目を、自然に楽しく演奏されていました。

三絃と琴を演奏された木村園代さんにお声をかけていただいて、参加しましたが、本当に素晴らしいひと時でした。また、このような演奏会があったら、ぜひうかがおうと思っています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。